案内

悩める患者が足繁く通う皮膚科【お肌のトラブル解決】

普段の生活の意識

看護師

多くの人が足に水虫を抱えています。水虫とは、皮膚病の一種になります。水虫は、長時間同じ靴下を使っている人やスリッパや靴を履き続けて汗をかくと水虫になりやすくなるのです。水虫になってしまうと、痒みを感じる事があります。常に痒みがあり、徐々に水ぶくれのようなものが足に出来てしまいます。そして、炎症を起こしてしまい皮が剥けていくのです。このような水虫を直すためには、病院で治療を受けると良いでしょう。

病院で治療を受けると専門医から処方薬と普段の生活のアドバイスをもらえます。水虫を直すためには、病院だけの治療と普段の意識を高める事で、早く治るようになります。水虫は放置しておくと自然に治るというものではありません。医師からもらったアドバイスを元に治療に専念しましょう。また、普段から清潔な環境で過ごす事を心がけると良いでしょう。例えばですが、外出先から帰ってきたら、すぐに足を洗うという事や裸足で家の中を歩かないという方法を心がける事も大切です。また、水虫が治るまでは、バスマットやスリッパは取り換えをしたり、靴は毎日履き替えたりという事を意識的に行なうと良いでしょう。このように清潔な環境を整えていく事も大切です。一人暮らしなどであれば、このような方法でも問題はありません。しかし、家族の中に水虫の人がいる場合、感染してしまう可能性もあるので、家族も同様に過剰なほどでなくていいので、帰宅後すぐに足を洗う事やスリッパを履くなどの意識を持つと良いでしょう。